【自分を追い込め】今後の手持ちのサイトについて(シェルノサージュ、アルトネリコ、さしゃりえ等)

現在主に「@pirocot」「ぴろ」名義で持っている、または作成途中のコンテンツについての今後についてというか、私自身「宣言しないとやらない、むしろ宣言してもやらない」「趣味の完成度が80%で止まる持病」を抱えているのでなんか適当に各種コンテンツに関する今のところの考えを元に風呂敷を広げてみます。

  1. 当サイトMYTHRIL WORKSについて
  2. 新しい個人サイトについて
  3. サージュ・コンチェルト(surge concerto)シリーズ 設定まとめサイトについて
  4. シェルノサージュのためのバーコード情報共有/生成サービスについて
  5. シェルノサージュの地文語(仮称)エディタについて
  6. アルトネリコのヒュムノサーバー増強版について
  7. さーしゃのアトリエについて

とちょっと項目が多いですが、飽きるところまで読めたら読んでみてください。

当サイトMYTHRIL WORKSについて

元々は毒にも薬にもならないことを書くブログを目指していたのですが、シェルノサージュに入れ込んだおかげで瞬発型のアクセスが増えたのと、またソーシャルゲーとかエロゲとか比較的ロングテール気味のエントリも整ってきた昨今です。なので、コンセプトは一旦白紙に戻してここはどちらかというと前向き/建設的なことを書く場にしたいと思っているところであります。実際には内容は今までとそんな変わりません。ゲーム関連とかソフトウェア関連とかエロゲも取り扱います。

新しい個人サイトについて

現在作成中なのですが、こちらはもうちょっと私個人を出した、どちらかといえば非建設的なことも発信していくという方針の下で運営していく予定です。MYTHRIL WORKが光ならばこちらは闇です(というほど明確な線引きができるかというと難しいですが)。ときには後ろ向きなことも書くので、アクセス数とかはもう気にしませんし、大多数の人は近寄らないほうが良いと思います。宣伝もちょいちょいするだけでこっそりやります。また、ちょっとブラックな話題とかも出たり、マニアックになる予定です。

サージュ・コンチェルト(surge concerto)シリーズ 設定まとめサイトについて

http://sites.pirocot.com/surge-concerto/ で見切り発車的に勢いで立てたサイトですが、シェルノサージュ自体がどう展開していくか次第な部分もあるため本家が成熟しないとうまくまとめることも出来ないだろうなと見ています。率直に言えば、誰かに移管して私個人は「積極的な投稿者」になりたいかなあと考えています。我こそはというかたは[email protected]までご一報ください。当然移管についてのサポートもします。

シェルノサージュのためのバーコード情報共有/生成サービスについて

これは非常にセンシティブな案件です。シェルノサージュは現実世界にあるバーコードを読み取り、シャールを生成し、それらは全ユーザで共有されるシステムです。となると当然「あ、このバーコード読んだらすごい可愛いシャールが出た!」とかいう情報が誰かから発信されるはずです。
で、本来であればここでそのシャールを欲しい人は対象商品を購入して自分でバーコードをスキャンするという文化になるのが商業的に見てベストな流れです。しかしバーコードは下に書いてある番号さえわかれば各種ソフトウェアで生成できてしまいますし、極端な話、写メをとってアップするだけで誰でも読めてしまう(と思います。)こうなるとガスト公式としても、またタイアップするメーカーさんにとっても残念な結果を与えてしまうことになります。よって、早い段階でそのような状況が生まれることを私個人として望んでいませんし、この「バーコード情報共有/生成」については当面はネガティブに行動する予定です。
とは言うものの、前述の通りバーコードの共有と生成は簡単です。よってどの道誰かが一線を越える日が来るのはほぼ間違いないので、しばらくはコミュニティの動向を注視していきたいなと考えています。

シェルノサージュの地文語(仮称)エディタについて

前々から出ている新言語ですが、アルファベットで構成されていたヒュムノスと違って組み合わせ文字(こちらも仮称)というハングルに似た複雑な組み合わせ文字が存在しています。現状では有志によりアルファベットのフォントが配布されていますが、ガストさん公式があの組み合わせ文字について我々ユーザに向けてどういった手段を提供して頂けるかが分かりません。恐らくシリーズが盛り上がればみなさん地文語を読み書きしてみたいですよね?
技術的な話になるのですが、組み合わせ文字はアルファベットの集まりなのでこれらをちょっとええ感じに組み合わせて画像を作るアプリを作れば現状でもある程度読み書きが可能です。というか、手元では既にだいたい出来ています。 しかし文法がいまいちはっきりしないのと、もしかすると例えばUnicodeフォントのようなものとして公式から配布される可能性もある(これが理想です)ので一旦様子見というステータスになっています。
また、シリーズでは地文語(仮称)以外にももう一言語存在するとのことなのでこちらについても情報を心待ちにしています。

アルトネリコのヒュムノサーバー増強版について

私のヒュムノスに対する関心はシェルノサージュ発表前後で決して薄れていません。現状としては公式のヒュムノサーバー更新の可能性が低いことと、また一方で有志による非常に熱心な活動や良質な辞書/辞典が作成されています。これらを元に、ヒュムノサーバーにヒュム文作成支援機能や翻訳等、追加の機能をいくつか追加したWebアプリの開発が進んでいます。が、ヒュムノスの仕様は「考えるより感じろ」な側面があるので結構難航しています。また「ヒュムノス単語帳」なんかも作ってみたいですよね。この辺の公式/非公式をうまいことバランスを取る折衷案で悩んでいるのでもしアドバイスがあったらください。

さーしゃのアトリエについて

ちょっと界隈で「さーしゃのアトリエ」という、アルトネリコのさーしゃとアトリエシリーズを合わせた二次創作ネタなんかが出ており、先日Pixivでなんと画面素材まで公開されておりました。これをもうちょっと調整して、アイテム等のデータやシナリオをつければなんかゲームできちゃうんじゃねとか(現実は知っていますが)軽くインスピレーションを受けました。なのでちょっと手が回るか怪しいですが何か簡単なものでもできたらと考えています。

まあそんな昨今であります。

「シェルノサージュ」カテゴリの最新記事

「サージュ・コンチェルト」カテゴリの最新記事

「アルトネリコ」カテゴリの最新記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QR Code Business Card