「カードファイト!! ヴァンガード」を始めよう その1

どっちに書くべきか迷いましたが一応「ゲーム」のくくりなのでとりあえずこっちに。

TCG(トレーディングカードゲーム)の「カードファイト!! ヴァンガード」 (以下ヴァンガ)を数ヶ月前からやっています。私実はTCGは初めてです。何年か前に遊戯王のアニメとかは見ていましたが「なんだかややこしい」「金が超かかる」というイメージが強く避けていました。ただなぜかやたらとTwitterのアルトネクラスタ界隈で流行りだしていたので思い切って始めてみることに。

そしていまやこうして布教するに至っていますw
というわけで「ヴァンガードを始めよう」というテーマで複数回に分けてお送りします。

情報サイト

まずは私の説明なんかいらねえとにかく情報をよこせという方のために公式とWikiを貼っておきます。既にやる気があるかたはもうこっちから貰って構わないと思います。そうでもないかたは次へ。

ヴァンガードをオススメできる3つのポイント

なんだか怪しい勧誘のタイトルみたいですが、とりあえず簡単にオススメできるポイントとして次の3点です。

  1. ルールが簡単
  2. カードイラストが可愛い
  3. ランダム(運)の比重が大きい

ルールが簡単

遊戯王とかを見ていた身からするとTCGの中では簡単な方だなと思います。とりあえずダメージを6ポイント受けると負けで、そのダメージを通すためにパワー(攻防力)を上げて殴るといった感じです。もちろん完全に子供向けで簡単すぎてつまらないという雰囲気ではなく、簡単さと奥深さが程よく混じっています。

こうなっている理由はたぶんですが、ヴァンガはトレーディングカードゲームとしては歴史が浅いからだと思います(2011/01/26に初のカードが配布されたらしい)。ゲームのバランスは初期と末期には不安定になる危険性を秘めていますが、ヴァンガはちょうど今成熟しかけている、そんなイメージを受けます。

カードイラストが可愛い

2番目に書きましたが個人的には一番重要です。

こんな子やこんな子やこんな可愛い子やこんなイケメンやこんなイケメンがいます。最後のは気にしたらいけない。

他にもこのあたりを見て感じてみてください。

ランダム(運)の比重が大きい

これを長所と取るか短所と取るかは人によって意見がわかるところだと思いますが、個人的には長所です。

ヴァンガは後述するトライアルデッキ(初心者向けの構築済みデッキ)でもガチガチに固めたデッキと良い勝負が出来ます。というか普通に勝てます。みんなで遊ぶには良いことだと思います。

もちろんあまりにもイイカゲンにプレイしていてはその限りではなく、あくまでルールを覚えてカードをちゃんと活用できればあとは十分遊べるといった具合です。

—–

以上、「どちらかというとカードゲームは苦手」な人向けにオススメできる3点でした。

次回は「その2」として実際に始める場合どうしたらいいか的な内容をお届けします。というわけで少しでも興味を持たれた方は今のうちに嫁を見つけておけばいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QR Code Business Card