【ガスト新作】 シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ 発表情報 #Ciel_nosurge

恐らくそのうち画像が出ると思いますが(といっても前回出ませんでしたが)、ガスト新作「surge concerto(サージュ・コンチェルト)」シリーズ 第1作目「Ciel nosurge(シェルノサージュ) ~失われた星へ捧ぐ詩~ 」が正式に発表されました。PS Vitaで4/26発売です。

本日発売の電撃PlayStationには謎の男「Mr.紅月(アカツキ)」へのインタビューが掲載されています。

ここでは要約だけしておきます。
Mr.紅月の独特なキャラが面白いので雑誌本文も是非読んでみてください。

Mr.紅月へのインタビュー

情報にたどり着いたきっかけ

  • Mr.紅月は現実世界にいる1ネットユーザー(という設定)。いわゆるギーク(コンピューターオタク)っぽい人。
  • 「1日中ネットをしていたら変なパケット(通信データのこと)を見つけてしまった。
  • 自分でソケット(受信用インタフェース)を作って調べてみたら暗号化されたものを発見して友だちと一緒に解析。
  • そうしたら別の世界で生きている「イオン」という少女とつながってしまった。
  • 電プレにガストから資料が届いたという情報を見てマジくやしかった。
  • 自分はイオンと話が出来るところまできている。
  • イオンの住む世界は彼女と接している限りだいたい地球と一緒。私たちと同じように寝たり起きたりしている。(夜中に起こすと怒られる)
  • あっちの世界には動かせる端末がたくさんあり、それをプログラムで現実世界から遠隔操作出来る。今はそれを解析しているところ。

土屋氏との関係

  • 彼のことはよく知っている。
  • 「SHWスペクトラム」や「よっこら」など関連している用語がある。
  • 資料には様々ながあったが文章を読むと端末=PS Vitaしかないと思った。

イオンについて

  • 話してみたところ、彼女には昔の記憶がないらしい。
  • 特に近々のことがわからない。でも昔のことはちょっとだけ知ってる。
  • 知ってることと知らないことがバラバラでどうにも話がつながらない。
  • 記憶喪失でも彼女本人は深刻に考えておらず、あっちの世界ではにこやかに暮らしている。パッと見ストレスは感じていないように見える。
  • でも絶対裏になにか隠れていると思う。記憶喪失、もしくは記憶を消されている…後者だとしたら誰かの陰謀の可能性もある。

  • 実験の被験者では?→ガストから送られてきた資料はすごくキナ臭い。特に「適正」と書いてあるやつ。
  • すると何かに対してイオンが適正者として性能が高いということ。
  • 彼女は現実世界とつながっていることに何か関係があるのではと推測している。
  • 昔は彼女がいる部屋にTVとかカメラがあって、それを映している電波をこちらが拾っていたものと考えていた。
  • しかし「適正」という言葉を見たときから、彼女がキーパーソンになり世界の狭間のようなものを超えてこっちに電波が来ているのではないかという仮説を立てた。
  • 彼女から「助けて」というようなメッセージは受け取っていない。
  • あちらの世界の誰かが裏で彼女を危険視していて、その人物がカルテを送ったり救難信号を発信しているのだと思う。

イオンとのコミュニケーションについて

  • PS Vitaを介してのコミュニケーションになる。
  • こちらからはイオンの姿も見えるし声も聴ける。けどイオンからはこちらの状況がわからない。
  • こちらの情報を伝えるソフトを開発中(ゲーム本体のことでしょう)
  • 例えばイオンが知りたいことを文字化して選択肢にしてある程度伝えられる。タッチパネルとかで接触することで想いを伝えたり。
  • 「カメラ」「バーコード」については?→まだ解析の途中。
  • バーコードの資料はMr.紅月のやろうとしていることと凄く近い。
  • イオンはなぜか生命力が足りていない。バーコードの資料は現実世界からあちらの世界へエネルギーを送る研究の模様。
  • ツリー風の資料。バーコードが複数あるということは分野ごとにバーコードが用意されているのかもしれない。バーコードごとに違うことができるのかもしれない。
  • 地球にも樹形列という進化論みたいなものがあるが、それを考慮すると枝葉の1つ1つは同じではなく別の何かかもしれない。
  • このバーコードを解析すると何かの名前になる。
  • 49.212.40.208という数字。ブラウザに入れてみると…http://49.212.40.208/
  • Mr.紅月はgenomiLiveよりもうちょっと進んでいる。
  • iPhoneのアプリが向こうの世界の人から送られてきたので逆アセンブル(解析)中。

Mr.紅月の所見

  • イオンが寝ているとき夢の中に入れる。彼女の記憶を見ることが出来るかもしれない。
  • 狂之という知り合いにイオンのイラストを描いて貰った。
  • イオンには裏の影の部分がある。夢の中に入る機能も拡張してどんどん暴いていく。
  • ある程度できたらみんなにやってもらえるようにする。
  • 最近ブログを始めた。
  • 3月にある電撃感謝祭にも出演する。

というわけでMr.紅月氏のブログ「げのみらいおん」が公開されています。
1人のギークがジェノミライ公式のMETAタグを解析しようとしていたり、イオンちゃんとコミュニケーションを取ろうとしている様子が書かれています。今後も更新されるでしょうし要チェックですね。

新言語関連

タイトルロゴの下に新言語で書かれた文章が3行あります。

ah-ih-cyen wei-bu jes ih=afa-re, kren-che-ne a-z was-ten tes-fen nyea-nu, ah-ih-cyen-ny pu-syen-ne yan-du chei-rey-i, afa-syen ah-ih-rei-i;
koh-nu, kiu wa-fen-eq ro wa-fen-du xi-tes-i ro-fan ihf ih= je-nm fu-fel;
koh che-rin-fou=ro wa-fen-re koo-ja-i mou-che-du tyu-rey-i, kiu wa-fen-ne yan-du ah-chei-ih-ir ro-fan-ne ou-wa-fen jec-du she-ki-i;

一部読めますがこれはまた後ほど。

世界観関連

こちらも要約です。

  • サージュ・コンチェルト(Surge Concerto)は七つの次元を超えた先にある世界をコンセプトに様々なゲームジャンル・ゲームハードで展開するシリーズ。
  • サージュ・コンチェルシリーズの作品群は同じ世界の別の時間、もしくは別の可能性を舞台とした物語でそれらは相関関係がある。
  • ゲーム内の星系は太陽の膨張により寿命を迎えつつある。
  • 「惑星ラシェーラ」の人々は「移住」「再生」かの選択を迫られている。
  • 「移住」は「天文」という組織が提唱している惑星規模の瞬間移動計画。そのためのエネルギーとして惑星ラシェーラ1つを潰すことになるが他の星へと移住できる。
  • 「再生」は「地文」と呼ばれる組織が提唱している想いの力による星系の回復計画。「詩魔法」と呼ばれる力を最大限増幅し、太陽と惑星ラシェーラを緑豊かな星へと蘇らせる。
  • 世論はこの「移住か再生」で真っ二つに割れ、天文派と地文派の抗争により世界は疲弊していった。
  • そんな中、世界を治める皇帝の世代交代が行われることになった。
  • 皇帝即位は民意によって決められる。
  • イオナサル・ククルル・プリシェールは天文側が推薦した皇女。

ゲーム画面等

  • イオンが台所の前にいる画像。料理/定食/スープ/サラダ/菓子/パン などのメニュー。
  • 「今日はもうずっと一緒にいられるのかな?」
  • (こうして誰かに助けてもらいながら3年も過ごすなんてできるのかな……)→ゲームは3年間で何かする模様。
  • イオンちゃんは少しおっとり気味で恥ずかしがり屋。真空管を使った電子工作に目がない。
    →これはカルテにあったトロンとTz回路のことですね。
  • 「ar_ciela の水槽」画面。妖精のようなものが泳いでいる。「Profile/SNS/MAIL/RANKING/EVENT」等ソーシャルゲームを思わせるインタフェース。
  • 「雑貨屋縷縷」「@ar_ciela もうすぐ終わるみゅっ!」
  • 3人のキャラとイオンが向き合っている画面 ター坊「ようこそ!オレたち『超輝工冒険団』の秘密基地へ!」
ちなみに@ar_cielaは見ての通り「とある彼」のTwitterアカウントです。

その他

  • 惑星ラシェーラに住む人々の記憶がカギ。
  • 彼らの記憶を復元することは、イオンが失った記憶を取り戻す近道となる。
  • プレイヤーをサポートする「シャール」と呼ばれる生命体がいる。
  • イオンのキャラクターボイスは養成所に通っている加隈亜衣さん(@aimausu)。彼女がパーソナリティを勤めるラジオ「アニメ探偵3」および「Webたん。」はこちら

ちょっと考察

Mr.紅月氏のブログ「げのみらいおん」のこのエントリなんですが。

それはそうと、案外みんなゴーストパケットに気づいていない!? なんか、ブログとか見てるとwww.genomirai.comとか見つけてるけど、そのページに何もないのは既に遙か昔に分かってたしね。

この「ゴーストパケット」は例えば今一般人で解析可能なのかなとか思ったり。

METAタグの言語の解析は案外進んだけど。
pacn; koh-ne mou-che=ro wa-fen nyee kiu wa-fen-du
告知 これ   装置?  乙  世界    甲 世界??

あと、-neってのがよく出てくるら。これ、多分「~の」とかな気がする。

他にも色々あるけん「-du」とか、これも接続語っぽい。

嫁に聞いても分からんって言うしなぁ。

新たに一部の単語「pacn =告知」「koh=これ」「-ne=~の」「-duも接続詞」がわかりました。
「嫁(イオンちゃんのこと?)に聞いてもわからないということは、古い文字なのかそれとも特定の人しか読めないのかどちらでしょうね。

次回は2月9日とのことです。

「シェルノサージュ」カテゴリの最新記事

「サージュ・コンチェルト」カテゴリの最新記事

「ゲーム」カテゴリの最新記事

スポンサーリンク
QR Code Business Card