FF14 新生エオルゼア 園芸師のレベル上げ 50まで

harvester

画像は本記事とは全く関係ありません。

前回の漁師レベル上げについて書いたので今度こそ黒魔道士をと思わせつつ園芸ですか!みたいな。

ver2.0を基準にしています。

ギャザラーの園芸師と採掘師は入手できるものが違うくらいでやることはほぼ同じです。基本的なことは色々と面倒なのでググってください。レベル上げの軌跡だけ書きます。まだ他にやりようはあると思うのでおすすめの方法があれば教えて下さいね。

基本方針

  • 収入と経験値効率のバランスを考慮する。
  • 自分と同じレベルのものを採取すると経験値の期待値が良いようなのでできるだけそこを目指す。やってもせいぜい1~2レベル上まで。

また、ポイントは各地域の決まったポイントから常に4箇所表示されており、2箇所を採取すると1箇所沸きます。つまり4箇所のうち3箇所で回すことが可能です。

そんなわけで次のようなポイントは避けます。

  • 単純に他のポイントより遠い。
  • 近くにアクティブモンスターがいてステルスが必須。
  • ポイントの特質がないあるいは特質条件をまだ満たしていない。

その他

装備はとにかく獲得力重視で、特に防具はできればHQでマテリアがついていたほうが他のギャザラーと兼用も出来るのでおすすめです。食事は店売りのラビットパイ。

また、GPブーストのアクセサリーはレベル上げではそこまで意味がありません。それよりもSTR/DEX/INT/MNDが上がるアクセサリーがあればそちらのほうが良いです。なぜなら「STR XX以上 採取回数+1」などの効果がポイントに付いている場合、1,2レベルほど早く条件を見たせるため効率がぐんと上がります。ただ全部揃えているとアーマリーチェストが悲鳴をあげるので要所要所で。

レベル上げルート

園芸師は木工師、裁縫師、錬金術師、調理師などと相性が良いので同時に上げられれば便利ですがそこはおこのみです。

ポイントのリンク先はいつも使わせて頂いているFF14 ERIONES – エリオネスさん。

レベル1~6

グリダニアから出てすぐのところです。シャード→メープル樹液→メープル原木と切り替えましょう。メープル樹液は5クラスクエ「笑顔をこぼして」に50個必要ですが店売りで安く手に入るのでいらないかも。

初期のレベル帯は採取できるものがほとんど店売り品なのでさっさと抜けるかシャードを掘り続けるかどちらかにします。

 

レベル6~11

ティノルカミスルトゥから始めてレベル7になったらアッシュ原木、レベル9くらいからクロウの羽根へ行きます。

クロウの羽根は10クラスクエ「備えよ、戦いに」に99個必要です。店売りもありますが21ギルなのでそこそこしますしレベル上げのついでに取りましょう。

 

レベル11~16

エルム原木から始めてちょっとレベル13あたりから草綿へ。特にエルム原木は私がいるサーバーでは木工上げに使う際大赤字が出るのでキープしておいて良いかもしれません。

15クラスクエ「私利私欲の報い」はマージョラムHQが必要なのでベントブランチへ取りにいきましょう。10個ならすぐです。

 

レベル16~21

ギルバンとユー原木の需要がそれなりですが、レベルが19と16時点ではちょっと高めなので経験値のためにフェアリーアップルを挟みます。

また、20クラスクエ「園芸師の身だしなみ」にコールマターG1が99個必要なので20レベルになったら西ラノシア – エールポート Lv:20 良木へ取りに来ます。が、触媒とクリスタルはHQがない(経験値アップが見込めない)ので気分的にちょっと良くないです。

 

レベル21~26

どれも需要が高いです。ずっとウォルナットでも良いですが、レベルと相談して原木やカモミールへシフトしましょう。

25クラスクエ「海雲を渡る香り」ではカモミールHQが25個必要です。

 

レベル26~31

そろそろレベルが上がりにくくなってきた上に、このレベル帯は結構迷います。

30クラスクエ「自然の洗礼」ではアリゲーターペアHQが15個必要なので後半になったら取りに行きます。あとは序盤クリスタルでつないでミッドランドキャベツで。しかしキャベツの売れ行きが緩やかなので一時的にリテイナーを圧迫することになるかもしれません。

クリスタルはどの属性でもそんなに変わりませんが、クォーリーミル付近にいれば連続FATEが出たときだけ戦闘職に切り替えて向かうなど応用が効きます。そういう理由で選びました。

 

レベル31~36

ここはもう裁縫関連で消費量が圧倒的に多い亜麻一択です。ただレベル31と後半になると上がりが悪いので、リーキを挟むのはありかもしれません。

35クラスクエ「凱旋を彩る森の恵み」ではローレルHQ20個が必要です。南ザナラーン – 放浪者の埋葬地で。私は亜麻であまあましてたら36になっていました。そしてその利益でローレルを買った。

次がちょっと難所なのでギルドリーヴを挟んで良いと思います。なければ亜麻で38くらいまで上げてしまうかどうかといったところ。

 

レベル36~41

マホガニー原木はレベル40なので36からだとあまり安定しません。上述の通り色々と試してみてください。アドネール占星台(クルザス中央高地)のギルドリーヴも少しやりました。

41クラスクエ「伝えられた思い出」にはズッキーニHQが20個必要です。すぐ近くの草刈り場で狩れるのでついでに。

 

レベル41~46

地図に記載がないですがドラゴンヘッドを西に出てすぐのところです。

シャインアップルは調理師のアップルジュースで1個につき6個も使い、かつ需要が高いのでここもずっとシャインアップルで良いと思います。レベルは42なので後半になると経験値的には少しつらいかもしれません。でもそれを補ってあまりある稼ぎです。

45クラスクエ「いまだ戦火は途絶えず」にはミスルトゥHQが20個必要なので、同じポイントで適当に調達してください。

 

レベル46~50

実はまだまだシャインアップルが採りたくなっているかもしれません。私は実際に47までクルザスにいました。それがつらいと思ったらこちら。

上位の原木なので需要が高いとおもいきや、木工師の後半のリーブ報酬で貰えてしまったりまだ枝のほうがマシといった具合です。あるいは、

2.0時点でのヒーラーの通称「本気飯」であるマルドティーの材料です。ただ実際にはアップルジュースで妥協している人が多いので回転がそこまで良くありません。

そんなわけで適当に採取してたら48になったのであとはモードゥナ – 聖コイナク財団調査地へ行ってギルドリーヴの採集稼業で50まで行きました。未知の良木もあるので時々クラスター掘ったり。

50クラスクエ「森を育む者」にはスプルース原木が3個必要です。クルザスの未知の採集場所で手に入るので詳しくはこちら。クエ受けてから現地に行くことになるのでまず受注してしまって良いです。

 

結局現実的に儲かるのは亜麻とシャインアップルが群を抜いていました。特に後者は錬精度も上がりやすいので、装備の右列に錬精用装備をつけていると更に稼げます。

とりあえずレベル上げはこんな感じでした。

This entry was posted in FF14, ゲーム. Bookmark the permalink.

コメントを残す